アロマ

【手が乾燥する方必見】イソップのハンドウォッシュは手洗いの習慣化に最適

最近コロナウィルスが流行っていおり、ひと事ではなくなってきているように感じます。

予防のために手洗い・うがい・マスクを心掛けている方も多いのではないでしょうか。

 

ただ、この3つを実施する必要性をわかってはいても、

なかなか習慣化するのは難しいかと思います。

 

特に手洗いは、冬の季節に行うのは寒くてなかなかに辛いものがあります。

 

さらに洗浄力の強い石鹸は手の乾燥を起こしやすくなってしまい、

ハンドクリームを塗らないと痒くなってしまうのもしばしばあります。

そのために手洗いが苦痛になってしまい、僕自身習慣化が難しいと感じていました。

 

習慣化するには何かした手洗いが楽しくなるようなものが必要でした。

そこで見つけたのが今回紹介するAesopのハンドウォッシュ「レスレクション」。

 

結論から言うとこの商品を使うことで手の痒みからも解放され、

手を洗うのも楽しくなりました!

 

今回はAesopのハンドウォッシュを紹介するとともに、

どんなメリットがあるのかのレビューを兼ねて紹介いたします。

 

Aesop(イソップ)のハンドウォッシュ「レスレクション」とは

Aesop(イソップ)とは

Aesopは1987年にメルボルンで創業したスキンケアやボディケア、ヘアケア用品を

取り扱っているブランドです。

 

最近流行の完全ボタニカルとは違い植物由来成分と非植物由来の成分を

うまく使用しているのが特徴です。

 

もちろん非植物製品だからあまり質は高くないのではと思いがちですが、

これは妥協しないで必要な成分を選び抜いた結果のものであり、

どの製品も高品質のものを提供しているとのことです。

 

製品のデザインもシンプルで小洒落たものが多く、

洗面所や風呂に置くと美しいものばかりです。

 

お店も店舗によってデザインが様々であり、店舗を巡るだけでも楽しかったりします。

 

また、店員の方はどなたも製品を知り尽くしているので、

お客さんの個々の肌質にあった製品を提案してくれます。

 

製品自体の質の高さに加え、香りもよく、一度ハマってしまうと他の製品も

イソップで揃えたくなるような魅力があります。

 

ちなみに僕は下記のものはイソップ で揃えちゃってます。

  • ハンドウォッシュ
  • 歯磨き粉
  • マウスウォッシュ
  • トイレの消臭剤

ハンドウォッシュ「レスレクション」とは

イソップ には二つのハンドウォッシュがあります。

今回紹介する「レスレクション」と「レバレンス」です。

この二つには大きく分けて香りと洗い上がりに違いがあります。

 

香り

香りはレスレクションは爽やかさのあるハーバルやウッディのような香りに対し、

レバレンスは落ち着きのある、土の香りやスモーキーな香りがします。

 

どちらも良い香りではあるのですが、

もし気分転換に使用したいのであればレスレクション、

安らぎを求めるのであればレバレンスと使い分けても良いですね。

 

個人的にはレスレクション の香りが好みでした。

 

洗い上がりの感触

洗い上がりは全く異なります。

 

レスレクションはオレンジ、ローズマリー、ラベンダーのオイルが

配合されているため、オイルが乾燥を防いでくれるために潤いを残したような

洗い上がりになります。

 

対してレバレンスは植物由来成分である「パミス」と言われる軽石が

含まれているために手の余分な角質を落としてくれ、

手をツルツルにし、さっぱりとした洗い上がりになります。

 

こちらも香りと同様に好みにはなってしまいますが、

手をしっとりとさせたいのであればレスレクション、

手をツルツルにしたいのであればレバレンスと好みに合わせて選ぶと良いです。

 

今回、香りも洗い上がりもレスレクションが個人的には好みでしたのでこちらを購入し、

1ヶ月が経ちましたので使用感をレビューしていきます。


実際に使用した感想

 

それでは実際に1ヶ月間使用した中で私が感じたことをまとめていこうと思います。

 

何度も洗いたくなるほどいい香り

一つ目が香りです。

レスレクションはハーバルの香りがすると先ほど紹介しましたが、

この香りが何度嗅いでもいい香りなのです。

 

実際に手に取り出して泡立てていくと、泡が弾けるたびにハーバルの香りが拡散し、

洗面所全体に香りが広がってくれます。

 

香りは買う時点でいいとわかってはいたものの、この香りの拡散力は買ってから気づきました。

また、洗い上がりも香りが手にほのかに残り、余韻を楽しむ事ができます。

 

一方で香りが少しばかり強いのではとも感じました。

香りの拡散力と持続性のためか、誰かがレスレクションで手洗いをすると

必ずしばらくは香りが残ります。

 

これをデメリットと捉えるかは人それぞれですが、個人的には決して嫌な香りではない上に

いつこの香りを嗅いだとしても決して不快には感じないので特に気にはしていません。

 

むしろもっと嗅いでいたいくらいと感じてしまうほどです。

 

少しすすぎ残しを感じてしまうような洗い上がり

二つ目が洗い上がりです。

 

植物性のオイルが含まれているために洗い上がりは少しすすぎ残しがある感触があります。

 

オイルに関しては洗浄成分は含まれておらず、潤いを維持するために入っています。

そのためにオイル特有の「ヌルッとした」感覚が残っているのは

しょうがないとはいえ、気になってしまいます。

 

ここは個人の好みがあるかと思います。

僕はこの点が最も気になりました。

 

手の痒みがなくなった

今まで洗浄力の強い石鹸を使用していたためか、

冬場に痒みを感じる事がしばしばありました。

 

そのためにハンドクリームを手を洗った後にすかさず塗っていたのですが、

ある意味これが最も手洗いの習慣をつけることを妨げていた要因でもありました。

ハンドクリームを塗れば手がベタつきますし、

塗らないと皮膚が痒くなってしまうのですからね。

 

レスレクションを使うようになってから手の痒みはほとんどなくなり、

むしろ今までよりも手洗いの頻度が増えたのに全く痒くなる気配がありません。

 

これは先ほどのオイルが手の水分を保護しているからだと考えられます。

 

買ってよかった

僕はこの商品を購入してよかったと思います。

 

マイナス点として感じている、すすぎ残しを感じてしまうのは

手の痒みがなくなったとこととのトレードオフと思えば

さほどデメリットとしては感じません。

 

そして何より香りが個人的に気に入っているので香りを嗅ぐために進んで手を洗いに行っています。

 

イソップの製品は全体を通して決して安い製品ではないのですが、

何度も使いたくなるほどレスレクションは非常に魅力な製品と感じました。

 

なくなったらまた購入しようかと思います。


購入をおすすめする方

僕が使用して感じたこととして以下の方には本製品を気に入っていただけるのではと思います。

手が乾燥しやすい方

手が乾燥するのは、手を保護する油分がなくなってしまい、

肌の水分が抜けてしまうためです。

 

レスレクションは植物性のオイルを使用しており、

このオイルのおかげで手の水分を保護しつつ汚れを洗浄してくれます。

 

洗った後もオイルのおかげで手の乾燥を防いでくれます。

 

もちろんハンドクリームを活用する手もありますが、

ハンドウォッシュ自体もなるべく手に負担をかけたくない場合は

レスレクションがおすすめです。

 

ただ手を洗うのではなく、リラックスも兼ねたい方

手を洗うというルーティーンであっても、

その時間を少しでも贅沢に過ごしたいと考える方は少なくないはず。

 

せっかく習慣化するのであれば楽しいほうが得ですからね。

https://twitter.com/room2702/status/1177555066900795392?s=20

 

もし贅沢に過ごす際に香りを意識するのであれば、

レスレクションは良い選択肢の一つに入ります。

 

もちろん、使用感が変わっても良いのであればレスレクションではなく、

もう一つのレバレンスも選択肢になるかと思います。

 

どちらも良い香りですが、これらは実際に店舗で試してみるのをおすすめします。

 

お洒落なボトルを求めている方

香りや効能に価値を感じる方もいれば、

デザインに魅力を感じると思う方も少なくないと思います。

 

イソップ全体を通して言えることですが、ボトルのデザインがシンプルであり、

かつ製品全体にデザインの統一性があるため、

」イソップだけで洗面所をまとめるのもおすすめです。

 

僕自身少しずつイソップで洗面所を埋め尽くそうとしています。

 

【まとめ】

今回は手洗いの習慣がつくと言うことで

Aesop(イソップ)のハンドウォッシュであるレスレクションを

紹介、レビューをしました。

 

洗い上がりの乾燥を防いでくれるだけでなく、

ハーバルのいい香りやおしゃれなボトルデザインは

あなたのQOL(Quality of Life)を高めてくれること間違い無いです。

 

薬局で買えるハンドウォッシュに比べると

価格は少しばかり張ってしまうものの、

満足いただける製品だと思います。

 

しっとり洗い上がりのレスレクションかさっぱり洗い上がりのレバレンスか

人によって好みはそれぞれなので、まずは是非店頭で試してください!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

それでは今回はこの辺で

-アロマ

© 2021 ケノブログ