コーヒー

【コーヒー沼】コーヒーを趣味にするメリット

コーヒーをただのカフェイン補給のための飲み物としてではなく、趣味として楽しむ方が増えてきている印象です。

実際にコーヒーを趣味にするとどんなメリットがあるのか、個人的に感じたことをまとめていきます。

 

コーヒーを楽しむにあたっての参考になれば幸いです。

 

本記事はこんな方向け

  • 新しい趣味を見つけたい方
  • コーヒーはもともと好きだけど家で本格的にコーヒーをまだ淹れたことがない人
  • 趣味としてコーヒーを楽しむ際のメリット・デメリットを知りたい方

 

コーヒーを趣味にするメリット①:家でコーヒーを淹れれば毎日のコーヒー代を抑えることができる【安い】

 

意外と掛かる外で購入するコーヒーのコスト

あなたが毎日コーヒーをカフェで購入して飲むとした場合、一ヶ月でどのくらいのコーヒー代を払っているか考えたことはありますか?

実は結構な額を支払っていることに気づくはずです。

 

130円の缶コーヒーを一日一本飲むとするならば

130円 × 30日 = 月3,600円の出費(年間43,000円)

毎日某カフェチェーンのショートサイズのコーヒー290円を購入するのであれば

290円 × 30日 = 月8,700円の出費(年間104,400円)

 

家でコーヒーを淹れれば缶コーヒー並みで美味しいコーヒーが飲める

Coffee-drip

一方で家でコーヒーを淹れて毎日外に持ち歩くのであれば、価格はかなり抑えることができます。

毎日某カフェのショートサイズとほぼ同じ240mlの量を飲んだとしてもその差はかなりあります。

 

毎日自宅でいっぱいあたり130円(※)のコーヒーを淹れていれば

130円 × 30日 = 月3,600円の出費(年間43,000円)

※200g 1300円のコーヒー豆を20g使用して240mlのコーヒーを淹れた場合の価格(価格は堀口珈琲のブレンドコーヒーの価格)

 

つまりほぼ缶コーヒー価格とほぼ変わらない価格で毎日カフェ並み(もしくはそれ以上)の美味しいコーヒーを飲むことができます。

更にいえば缶コーヒーは約一本あたり190ml程なのでmlあたりの価格で比較すると価格的には自宅で淹れたほうがより安くなります。

味も今回例に上げた堀口珈琲であればコーヒーマニアの間でもコアなファンが居るほど美味しいので、満足面でも缶コーヒーよりもメリットを感じることができるはずです。

(更に安く美味しいコーヒー豆を手に入れる方法がありますが、まずはじめに飲んでほしいということで今回は堀口珈琲のコーヒー豆で比較しました)

 

コーヒーを趣味にするメリット②:誰でも簡単に始められるのに奥深い【簡単&深い】

cafe-from-above

誰でも始めやすい

新しく趣味として始めるにあたっての最大の障壁は初期費用にあると思います。

新しく始めるにしても初期費用が高くついてしまうのであればなかなか一歩を踏み出すことは難しいはずです。

それに比べてコーヒーを趣味にするにあたって、例えばハンドドリップを始める場合、豆とミル(コーヒー豆を豆から粉にする道具)さえあれば簡単に始めることができてしまいます。

他の道具も安く購入することができる上にいくらでも家にあるモノで代用がきくので、始めるにあたっての金銭的障壁はかなり低いです。

詳しくは別記事でまとめていますので参考に。

 

もちろん、ハンドドリップから始めるのではなく、カフェ巡りなど趣味として始めるにあたっての入り口が多くあり、誰でも簡単に始められるのが特長です。

 

歴史の長さが作る奥の深さ

コーヒーを趣味にするにあたって面白いのが、簡単に始められるのに奥が非常に深いという特長があります。

豆を挽いてコーヒーを抽出して飲むだけなのに追求する方向性次第で様々な分岐点があります。

これはコーヒーが何百年にも渡って世界中で愛されてきたという歴史が生んだ楽しみ方の幅広さがあるからこそだと思います。

 

豆を自分で焙煎したり味にこだわるところに楽しみを見いだす人がいれば、コーヒーを作る過程(器具やら抽出方法やら)を楽しむ人もいます。

更にはフードペアリング(食べ合わせ)やコーヒーを使った創作料理、カフェ巡りなど挙げ始めるとキリがありません。

 

趣味として始めるには敷居がすごく低いのに奥が非常に深い、コーヒーは趣味としてどんな人(世代、性別、文化関係なしに誰にでも)にもおすすめできちゃいます。

 

コーヒーを趣味にするメリット③:健康にもいい

コーヒーは近年様々なメディアで健康にいいことが取り上げられており、コーヒーを飲むことのメリットの一つです。

僕自身コーヒーにハマったきっかけは少し前に流行ったバターコーヒーからなので、健康をきっかけにコーヒーを自宅で入れるようになって気がつけば本格的な趣味になっている方は少なくないはずです。

 

 

コーヒーの成分はダイエットにきく

まずコーヒーは痩せたい方にとっての心強い味方になります。

専門的な話は避けますが一般的にコーヒーを飲むことでコーヒーに含まれるカフェインやポリフェノールの一種であるクロロゲン酸の効果で基礎代謝の向上や脂肪燃焼の効果があると言われています。

日常的に飲んだり運動前に飲むことでその効果はより期待できるそうです。(もちろんブラックで!)

 

アンチエイジングや生活習慣病予防にも

カフェインやコーヒーのポリフェノールには抗酸化作用があるため、美容効果への期待やアルツハイマーや肥満などの生活習慣病の予防にもなると言われています。

これらの研究は様々な情報サイトでも掲載されているのでここでの詳細な説明は避けますが、気になる方はチェックしてみてください。

 

コーヒーの香りでリラックス効果も

コーヒーの香りを嗅ぐとホッとする方多いのではないでしょうか。

コーヒーの香り成分にはストレス軽減の効果があると言われており、アロマと同様の効果が期待できます。

更にこのアロマ的な効果はコーヒーから出る油分の影響が大きく、コーヒーの油分を抽出しやすい金属フィルターでのドリップやエスプレッソ抽出されたコーヒーを飲むことでより高いリラックス効果が期待できるとのことです。

 

まとめ:コーヒーを手軽に始めてみよう

今回はコーヒーを趣味にするにあたってのメリットを3つ紹介いたしました。

 

コーヒーは

  • 安く始められることができるという経済的メリット
  • 簡単なのに非常に奥が深く、誰でも楽しめるというメリット
  • ダイエット効果があるなどの健康的なメリット

が挙げられ、趣味として始めるには最適です。

 

道具も非常に安く揃えることができますので、ぜひ一緒にコーヒーを自宅で楽しみましょう!

-コーヒー

© 2021 ケノブログ